会長挨拶

福岡南ロータリークラブ 会長就任にあたって

当クラブは昨年60周年の記念大会を終えたところです。100名を超える歴史のあるクラブですが、会員間の親睦と友情が大切にされているのが特色です。
それだけでなく、青少年交換、米山奨学生、インターアクト、ローターアクト、小学生バレーボール大会の支援に継続的に熱心に取り組んでおり、また30周年記念事業で設けられたクラブ独自の育英基金の南基金(現在6500万円)があります。
これでわかるように、わがクラブは伝統的に若い世代を育てていくという育英活動に力を注いで来ています。
このような活動は一朝一夕にできるものではなく、先輩方の熱心な貢献・努力に支えられてきたものです。
現在の私たちは新しい時代、状況の下で、これをいかに生かしていくかが問われています。 今後も育英活動を中心にクラブの奉仕活動に取り組みたいと思っています。
今年度から中長期計画委員会を設けましたが、今の若い会員たちがこれからロータリークラブにどんな役割、どんな意義を与えたいかがその方向を決めていくと思いますが、これにはベテランの会員、今クラブの柱になっている会員の助言、協力が欠かせません。
今年度は敢えてこのような課題を会員の皆に問いかけて、新しい時代の福岡南ロータリークラブの姿を作り出していくつもりです。

会長 林 和正

会長 林 和正

ハーモニー&ジャスティス
法律事務所 所長